幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

F☆☆☆☆(エフフォースター)認定製品の基準は安心?

前回、シックハウスの原因となるのは

新建材などに使用されている揮発性化学物質であり、

厚生労働省が発表した国のガイドラインでは
 
【室内濃度指針値】
ホルムアルデヒド    0.08ppm
アセトアルデヒド    0.03ppm
トルエン        0.07ppm
キシレン        0.20ppm
バラジクロロベンゼン  0.04ppm
エチルベンゼン     0.88ppm
スチレン                      0.05ppm
テトラデカン                    0.04ppm
クロルピリホス                   0.07ppb
フェノブカルブ                   3.80ppb
ダイアジノン                    0.02ppb
フタル酸ジ-n-ブチル                 0.02ppm
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル  7.60ppb

と定められていまが、
 
上記化学物質の、
すべての使用が、法律で規制されているわけではありません。
とお伝えしました。
 

室内濃度指針値とは


現在の入手可能な科学的見地から
人間が一生涯にわたり摂取し続けても、
健康への悪影響はないであろう
と考えられる数値だそうです。

 
では13あるうちの
現在規制対象となっている化学物質は何かと申しますと、
ホルムアルデヒドクロルピリホスです。
 

クロルピリホスに関しては
住宅の居室部分への使用は全面的に禁止となりました。

 

ホルムアルデヒドについては
発散量の基準を設け、
発散量の一番少ないものには、
JASやJISの基準”F☆☆☆☆”の等級が与えられます。
(”F☆☆☆☆”はエフフォースター、一般的には”フォースター”と呼びます。)
 
”F☆☆☆☆(フォースター)”の建材は、
制限なくいくらでも、どこにでも使えるのですが、
 
”F☆☆☆”は床面積に対して2倍まで、
それより下のランクのものは、使用禁止になりました。
 
なので
”F☆☆☆☆(フォースター)”以下の建材は市場にあまり出回っていないのが現状です。
 

ここで問題になってくるのが2つ!

1.ホルムアルデヒドとクロルピリホス以外の化学物質は今まで通り使われている。

2.F☆☆☆☆(フォースター)と言えどもホルムアルデヒドがゼロではないということです。

(ホルムアルデヒドは自然界にも存在するので、全くのゼロにはなりませんが・・・。)
 
F☆☆☆☆(フォースター)といえば、健康住宅、安心と思われがちですが、
多少、量の規制がされただけで、まだまだ安心はできないのです。
 
規制後の住宅でも、シックハウス症候群や化学物質過敏症の方は
玄関すら入ることが出来ない。
 
症状の重い方になると、家の前を通っただけで反応してしまうんですよ。
 
現代の家づくりは、昔に比べて
だいぶ高気密高断熱化が進んできました。
 
昔の家は隙間だらけで
よく屋根の隙間から空が見えたり、
壁の隙間から虫が入ってきたりしていましたよね。

冬は隙間風が入ってきて寒いですが・・・。
お若い方には分かりませんよね。
 
より居心地のいい住みやすい家にするために
家づくりは高気密高断熱化されてきたのですが、
 
家に隙間がないということは
室内の空気の逃げ場がないということ、

揮発性化学物質は室内にどんどんため込まれていきやすいということです。
 
昔はほとんどなかったシックハウス症候群というものが
ここ最近になって取り沙汰されているのは、
昔との家づくりの違いが影響していると考えられます。
 
そんな意味から
国も24時間換気設備を住宅に設置することを義務化しました。
 
そのあたりはまた次回
詳しくご説明させていただきます。