幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

自然素材の家に注目しよう~24時間換気システムのデメリット

24時間換気システム

24時間換気システムは、
2003年に法的に義務化されました。
 
24時間換気システムとは、
家の中の空気を機械で強制的に
2時間に一回、
すべての空気を入れ替えるシステムの事です。
 
家の高気密高断熱化が進み、
家の中に化学物質が充満するようになり、
シックハウス症候群の増加が問題となりました。
 
その対策として
この24時間換気システムの義務化が決定しました。
 

24時間換気システムの種類

24時間換気システムには
第一種から第三種までの方法があります。
 
第一種とは
吸気側にも排気側にもファンを使って、強制的に換気するシステムです。
 
第二種とは
吸気側にファンを使用し、排気側は自然排気で換気するシステムです。
 
第三種とは
吸気側は自然にまかせ、排気側にファンを使って換気するシステムです。
 
第二種の換気システムは、壁体内結露を起こしやすいデメリットがあり、
ほとんど採用されていません。
 
一般的に採用率の多いのは第三種換気システムです。

スエーデンや北海道など寒い地域でもほとんど第三種です。
 
ただこの第三種で喚起を行うには、
最低でも隙間相当面積2c㎡/㎡以下の気密性能が必要になります。

住宅の床や壁や天井などに隙間が多いと、
この換気システムが働かないということです。
 
勿論、自然に任せていては、その時の気象条件に左右されますので安心できませんが、
 

24時間換気システムの落とし穴


この換気システムを装備したからと言って、
機械ものですから、故障すれば止まりますし、停電しても止まります。

 
建築基準法では2時間に一回、室内の空気が入れ替わるようにすること。
となっていますが、

住み続けて数十年間、
新築の時のような性能を発揮し続けてくれるかどうか正直分かりません。
 
それに
揮発性化学物質は常に室内の空気中に揮発しているわけですから、
2時間に一回空気を入れ替えても、
室内で生活している人は、吸い込まずにいれるわけがありません。
 
化学物質の濃度は薄まるでしょうが、
化学物質を体内に取り込んでしまうという結果は変わらないのです。
 
そもそも
24時間、永久に換気システムを回し続けなければならないのは、
室内の空気が
人間にとって危険性があるからですよね。
 
 
本当に健康な住宅というのは、
換気システムなどなくても、
室内の空気を綺麗に保つことができる住宅ではないでしょうか?
 
シックハウス症候群の原因となる揮発性化学物質は、
建築に使用する新建材や接着剤、塗料などから発生するものがほとんどです。
 
だとすれば、
そういったものは使わずに、
自然素材を用いて建築を行えば、
換気システムに頼らずとも、綺麗な室内の空気が実現できるのではないでしょうか?
 
昨今、
自然素材の住宅が脚光を浴びているのは、
そういったことが関係しているのです。