幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

シックハウス対策には漆喰がオススメ!補修も簡単!

漆喰は100%自然素材!

皆さん”漆喰”には凄い力があるってご存知ですか?
 
漆喰は昔から家づくりの材料に用いられているもので、
主に外壁や内壁に使用されていました。
 
ただ、ビニールクロスに比べ、
材料費はかかるし、
塗る手間もあるので人件費や工期も延びる、
そんな理由で、現在ではほとんど使われなくなりました。
 
ビニールクロスは漆喰に比べれば
安価で施工も早いですもんね。
 
ですが最近になりシックハウスの問題が取り上げられるようになり、
住宅建築も自然素材が見直されてくるようになりました。
 
そこで登場したのが塗り壁なんです。
 
塗り壁の材料といえば珪藻土の方がよく知られているかもしれませんね。
海や川の藻やプランクトンの化石が堆積してできたもので、
日本では全国各地で採取することが出来ます。
 
ただ珪藻土は、
とても良い自然素材で保湿性にも抜群に優れた
とても優良な材料なのですが、
壁に塗るときに石油系接着剤を使用するんです。
 
なので仕上がりが硬くザラザラになってしまうし、

一番は
折角、自然素材を使用するのに、
ビニールクロスと同じように、
石油系の接着剤を使ってしまっては元子もないということです。
 
その点、
漆喰は壁に塗るときの糊には、海藻を用います。

なので100%自然素材です。
 
あとひび割れ対策として
麻の繊維を混ぜ込みます。
 
時々、真っ白な漆喰の壁に
茶色い芝みたいなものが付いているのを見た方もいらっしゃると思いますが、
あれが麻の繊維なんです。
 
ただ
麻の繊維を混ぜたからと言って
絶対にひび割れしない訳ではありません。
 
自然素材というものは調質作用があります。
空気が乾燥してくると、水分を放出し
じめじめしてくると、湿気を吸収してくれます。
 
環境の変化に応じて膨らんだり縮んだりしているんですね。
我々と同じく呼吸しているんです。

まさに素材が生きている証拠です。
 
ビニールクロスなどの新建材が生きているでしょうか?
 
そして乾燥しすぎると、
パリッとヒビが入ってしまうこともあります。
 
でも、そんな自然素材に囲まれているお陰で
室内で生活している人間は
快適に生活を送ることができるのです。
 
言わば、人の為に
自らを犠牲をにして働いてくれているのです。
 
24時間調湿システムとも言うのでしょうか^^?

漆喰の補修はとても簡単

それに補修はとても簡単で、
ねった漆喰を補修したい部分に詰めたり、塗ったりするだけです。
 
漆喰のヒビの事を書きましたが、
何も漆喰壁は特別メンテナンスが大変になるということではありません。
 
ビニールクロスでも
部屋の角や継ぎ目の部分が、
数年経つと開いてきたリ、変色してきたりしますよね。
 
家は何十年と住むものです。
メンテナンスをしながら大切にいたわってあげましょう。
 
そんな意味では、
メンテナンスしやすいというのは、大変重要な事なのです。