幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

壁体内結露と断熱材

前回、家の結露。
壁体内結露についてお話ししました。
 
冬場に窓ガラスがビッショリになっている現象が、
壁の中でも起こっているのが壁体内結露です。
 
窓ガラスなど見えるところは拭けばよいですが、
壁の中はそうはいきません。
 
壁の中のつくりを間違えると、

四六時中ジメジメした状態が続き、
壁の中はカビが発生し、
室内の空気環境に影響を及ぼし、
やがては、構造材を腐らせ、
家の耐久性に多分な影響を与える可能性があります。

壁体内結露と断熱材の種類

壁体内のつくりで問題になってくるものの一つに
断熱材があります。
 
断熱材は現代の家づくりにおいて常識になっています。

冬の寒さや夏に暑さに、
室内が影響を受けるのを少しでも防いでくれるのに役立っています。
 
夏場はあまり結露を起こさないので問題ないのですが、

冬場に、
この断熱材が壁体内の湿気を吸収してしまい、
そのせいで、なかなか壁の中が乾かず、
壁の中は黒カビだらけになっていることがあります。
 
日当たりの悪い北側などの壁内でよく見られる現象です。
 
これはガラス繊維などの綿状の断熱材で起こることが多いようです。
 
ガラス繊維で作られた断熱材は価格が安いので、よく用いられますが、
呼吸をしないので、
一度吸い込んだ水分をなかなか吐き出してくれません。
 
その為、壁体内で悪影響を及ぼしやすいのです。
 
やはり綿状の断熱材を使用する際には、
羊毛などの自然素材系の
呼吸する断熱材をお勧めします。
 
また
セルロースファイバーなどの古紙を用いた断熱方法も、
呼吸をし、断熱性能も良いようです。
 
そして
綿状ではなく、ウレタン系の断熱材。
発泡スチロールのようなものですが、
元々水分を吸い込まないので、
壁体内結露に関しては有効だと言えます。

昔の家では壁体内結露がなかった理由

昔の家づくりでは、
まだ断熱材は開発されておらず使用されていませんでした。
 
ゆえに
室内は暑さ寒さに強く影響を受けていましたが、
壁体内結露という現象は、ほぼ皆無でした。
 
これは
断熱材の有無だけでなく、
住宅の高気密化も関係しています。
 
昔の家は隙間風だらけで、
冬場は寒かったですが、
それだけ家の換気が良かったのです。
 
空気がよどむ場所がなかったので、
ジメジメした場所が出来にくかったのです。

壁体内結露と壁の通気口

そんな意味で、
現代の家づくりにおける
壁の通気口には、
とても意味があると思います。
 
壁の中を空気が通り抜けられるように、
施工してあるので、
ジメジメした場所が出来る可能性は低くなります。
 
ただ問題としては、
外気を壁の中に取り入れているので、
 
特に冬場など
外気の冷たい時には、
その冷たい空気を壁中に循環させることになり、
部屋の温度を下げてしまう恐れがあります。
 
またそれに伴い

壁の中の温度が下がるので、
結露になりやすい環境を作ってしまうことにもなります。
 
断熱材の種類や施工の仕方など
しっかりと考えて行うことが大事になってきます。