幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

間取りを考える 階段の位置は?新築で階段の配置は重要!

階段は家の中心付近が望ましい

2階建てを建てる場合、
平屋と明らかに違うのが階段。
 
平屋には階段がないですもんね。
 
最近は便利なソフトなどもあり、
お客様ご自身で間取りを考えられたりされますが、
たいがい迷われるのが階段の位置。
 
リビングは明るいところに持ってきたい。

トイレは玄関の来客に見えない場所に。

子供部屋も明るく・・・。
 
など居室スペースについては
たくさんの考えがあるのですが、
 
こと階段については、
特に意見がないことが多いのです。
 
なので階段の位置は迷うというより、
忘れ去られているといった感じでしょうか・・・。
 
特に理想の階段の位置がない場合でしたら、
家の中心付近に設置するのが望ましいでしょう。
 
なぜなら、
一階部分の部屋を窓に面した明るい位置に配置できる可能性が広がるし、
 
2階部分に個室を2、3部屋持ってくるとした場合
部屋までのローカが少なくて済みます。

余分なローカがないということは、
それだけ床面積が小さくなるので、
建築費も抑えることができます。
 
それに、1階と同じく居室を窓に面した明るい配置にすることが出来ます。
 
加えて希望があれば、
階段が上りついた場所を少し広く確保しホールにし、
ソファーを置いたり、本棚を置いたりして、
皆の憩いの場として活用することも出来ます。
 
ただの長いローカとしての床面積増より、
よっぽど使い道があると思います。

リビング階段で家族のコミュニケーションが生まれる

また最近増えているのは、
リビング階段です。
 
子供さんのいる家では、
ほとんどの場合2階に子供部屋を設けてあります。
 
2階に子供部屋があると、
いったん上がってしまうと
親となかなか会話する機会もないしコミュニケーションがとりづらくなります。
 
それに今は、
子供さん一人一人がスマホや携帯を持っている時代です。
 
そんな環境の中、
リビングを通らずとも2階に上がれる場所に階段があればどうでしょうか?
 
玄関から靴を脱いでそのまま2階へ。

友達が来てるみたいだけど、どんな子だろう。

しばらくしゃべってもいないなあ・・。
 
なんてことにもなりかねません。
 
そんな時、
リビングの中に階段があるか
もしくは、リビングを通らないと階段にいけない間取りだったらどうでしょう。
 
子供さんが帰ってくれば必ずリビングを通りますし、
どんな友達と遊んでるのかもすぐに分かります。
 
とにかく無理せず自然に、当たり前のようにコミュニケーションがとれるのです。
 
勿論、たいていの家庭では、
子供さんとのコミュニケーションはうまく取れているでしょうが、
思春期はとかく難しい時期です。
 
少しでも、家がその手助けになれば幸いと思うところです。