幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

家づくりに失敗しないために考えるべき重要なこと

まず最初に考えるべきこと

家を建てようと思われたとき、
家族の夢は膨らむでしょう。
 
夫婦で、家族で話し合い、

和室も一つ欲しい・・

子供部屋は2部屋、6畳帖・・・

寝室は洋室で8帖は欲しいなあ・・・

あとウォークインクローゼットも欲しい・・

食品庫もあれば便利ね・・・
 
などなど、
色々な話が出るでしょう。
 
でも、
ちょっと待ってください!
家をなぜ、わざわざ建てるのでしょう?
相当な労力とお金が要ります。
 
ただ部屋数を満たすだけなら、
そんな借家を探してもいいのだと思います。
 
でも、自分たちの希望を取り入れた
楽しい暮らしが実現できる家が欲しくて
家づくりを決断されたのではないでしょうか?
 
中には、
家賃を払うのがバカらしくて・・・
という方もいらっしゃるかもしれませんが・・。
 
しかし、そんな方も
折角一から自分の家を建てるのですから、
自分たち家族の暮らしが有意義になるような家を建てられませんか?
 
そのためには、
部屋数などより先に、
「どんな暮らしがしたいか」を、まず考えるべきなのです。
そこからが全ての始まりです。
 
すると優先順位も決まりやすいでしょうし、
自分たちにあった、自分たちだけの家が完成します。

 自分たちにあった家づくりを

実際、
家を建てる土地も千差万別、
住む人もあらゆる個性を持っています。
 
だとすると
完成する家も同じ家は一つもないはずです。
 
それが自分で家を建てる!
注文住宅の醍醐味であり使命なのです。
 
よく規格住宅などありますが、
あれは、作り手の手間を省いた、作り手本位の家になる危険性があります。
 
ただ、設計などのコストが幾分抑えられる効果はあるのかもしれませんが・・・。
 
そして
それぞれの個性の反映された家には、
物語りがあるんです。
 
建て主さんの熱い思いがあるんです。
 
だから完成すると、
建て主さんは、喜んで色々とお友達に説明されます。
 
よく施主様のご好意で、完成見学会をさせていただくのですが、
見学会の最中に、結構施主様も来られ、
施主様自ら、来られたお客様にご説明されていますよ。
 
子供がいつも泥んこで帰ってくるから玄関のところに水道を付けたとか、

共働きで帰りが遅いから、洗濯物干しスペースを作ってあるとか、

本がたくさんあるから階段下を利用して本棚にしたなど・・
 
家の中の隅々にまで、施主様の思いが込められているので、
説明したいことが山のようにあるのです。
 
それが自分たちの思いが詰まった家であり、
 
そんな家づくりは、
まず最初に、「どんな暮らしがしたいか?」の問に
真剣に向き合った結果だと思います。
 
また、
お客様はほとんどの方が家づくりは初めてです。
 
ですので、
面倒くさがらずに
お客様が潜在的に思っていらっしゃることを引き出して形にしてくれる
そんな住宅会社の存在も重要になってくると思います。