幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

住宅の基礎のひび割れは問題?注意点を知っておこう!

家づくりは基礎が大事

家づくりの始まりは、まず基礎からですよね。
 
何においても、
物事は最初が肝心と言いますが、
 
家づくりも、
この最初の段階の基礎が丈夫でないと、

その上に
どんなに頑丈な家を作ろうと何の意味もありません。
 
脚の細い、200㎏のお相撲さんみたいなもんです!
 
勿論、
基礎を施工する前に、
しっかり地盤調査をし、
その結果に応じて地盤補強工事をしておくことも大事なことです。

基礎のひび割れは大丈夫?

その基礎を見られて、お客様が一番心配されるのは、
ひび割れです
 
「基礎にひびが入っていますけど大丈夫なんでしょうか?」
とよくお客様から聞かれることがあります。
 
基礎はコンクリートで出来ています。
 
コンクリートは施工してから2年くらい、
ずっと水分が抜けていきます。
 
その乾燥収縮過程でひび割れることがあるのですが、
これは性質上防ぐことは出来ません。

木材がひび割れるのと同じ現象です。
 
駐車場などにうった土間コンクリートも
よくひび割れが入っているのを見られた方も多いと思います。
 
大抵の場合は、
基礎の仕上げに、見栄えを良くするために塗った
表面のモルタルがひび割れているだけで、
構造上、何も問題ないものが多いのです。

これをヘアークラックと言います。
 
ですが、構造に問題のあるひび割れもありますので、
多少なりとも知識を持っておかれた方が良いでしょう。
 
ヘアークラックとは読んで字のごとく、
髪の毛くらいのひび割れで、0.1ミリとか0.2ミリとかの
ごく小さなひび割れです。
 
ですが最初は0.1ミリくらいのひび割れでも、
日を追うごとに0.3ミリ・・0.5ミリと次第に大きくなっていく場合は要注意です
 
ヘアークラックの場合は、
徐々にひび割れが大きくなっていくということはありません。
 
ひび割れた部分を樹脂製の接着剤で補修して、
その後、またひび割れてきたら、
ほぼ間違いなく構造的に問題がある、構造クラックでしょう。
 
基礎の鉄筋の不具合か地盤沈下によるものだと思います。
 
一昔前なら
まれに、家の加重が原因でということもありましたが、
現在では考えにくい現象です。
 
基礎の鉄筋は、
コンクリートの厚みの中心に入っている必要がありますが、

そういう施工をしていなかったりすると、
鉄筋の効力が格段に落ちることにもなりますし、
鉄筋の系やピッチの問題もあるでしょう。
 
いずれにしても、
補修する方法はありますので、
専門家の方に相談されることをお勧めします。
 
そのままにしておくと、
家がどんどん傾いてくるばかりでなく、
 
地震などの災害時に、
思わぬ事故を招く恐れもあります。