幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

坪単価の計算方法!坪単価とは何!?比較する時の注意点

家づくりにかかる費用って
分かりづらいですよね。
 
よく坪単価というのを耳にしたことがあると思いますが、
その金額だけで全てが終わるわけではないですし・・。
 
一体、いくらかかるのか
さっぱり分からなくて不安だ!
という声をよく耳します。

なぜ家の金額を坪単価で表すのか?

まず、なぜ坪単価という表現が使われているのか?
 
坪単価とは
建物の坪数に坪単価を掛ければ金額が算出できるというしくみです。
 
家を建てる場合、
その土地のある場所の法律的な面や形状や向きや広さなど、
さまざまな事柄によって、かかる経費が違ってきます。
 
例えば
浄化槽の有無や種類
地盤補強や造成工事
駐車場や外構工事
水道や排水設備
などなど・・・
 
そういったものは、
お客様ごとに全く異なる条件があるので、
個別に見積もりしなくてはなりません。
 
なので、建物だけを坪単価という表現にしているのです。
 
その本来の目的は、
お客様に分かりやすくしたいというのが一番だと思います。

坪単価が分かりにくい理由

ですが、基準となるものがないので、
各社バラバラの表現になっているのです。
 
坪単価50万と40万では、
勿論40万の方が安いので魅力がありますよね。
 
なので、建築会社として、
少しでも坪単価を安く提示したいところです。
 
2000万の家で40坪でしたら
2000万÷40坪=坪単価50万です。
 
ですが、
家の面積に何を含めるのかで坪単価は大きく変化するのです。

そこが各社バラバラなので分かりにくいのです。
 
床面積だけで割る会社もあれば、
玄関ポーチや犬走、屋根の軒下部分、
時には、ベランダやウッドデッキなども加えて計算するところもあります。
 
そういう状況なので、
お客様にとって坪単価が判断の材料になりにくいのです。
 
仮に同じ面積の考え方であっても、
今度はどんな建築資材を使っているかまでは、
なかなか素人にはわかりづらいですよね。

それこそブラックボックスみたいなものです。

建築費を比較する上で重要な事

建築の予算を考える場合は、
完成して引っ越しが出来る状態まででいくらになるのか?

それこそ最後の登記費用までを含めた総予算を、
各社に提示してもらうことです。
 
そして、どのような材料や仕様になっているのかも、
きちんと確認しましょう。
 
材料については、
なかなか分かりにくいかもしれませんが、
きちんと各社に説明を受けていれば段々と分かってくるところがあります。

諦めずにきちんと説明を聞くようにしましょう。
 
仕様については、
標準(見積もりの金額)で、どんな設備やつくりになっているかです。

いわゆる、目に見える部分ですね。
雨戸はあるのか?
瓦はどんなものか?
ポーチのつくりは?
靴箱はあるのか?
キッチンはどんなものか?
お風呂はどんなものか?
など、きちんと確認しておかないと、
あとから、思わぬ費用が発生することになりますよ。