幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

家づくりの流れを失敗しないためにも把握しよう PART1

家づくりは一大事業です。

どういう流れで、何をするのか?
それを最初に把握しておくことがとても大事です。
 
何をするにも、
まず全体を掴んでおくとその後の作業が
スムーズに進みますもんね!
 

1.まずは展示場や雑誌を見る

 
家を建てようと思ったとき、
まずは雑誌を見たり、住宅展示場に行ってみたりして
色んな家やメーカーを見て回られるでしょう。
 
そして、
自分たちの求める家の方向性をおぼろげながらでも考え、
住宅会社も、なんとなくでも気に入った会社が出てくると思います。
 
そんな風にして、
最初はまず色々見て回り、
話を聞いてみることです。
 
そうすることで、
なんとなくですが、自分の理想とする家づくりが見えてくるはずです。
 

2.信頼できる住宅会社を選ぶ

 
そして次に
気になる住宅会社にもう少し深く話を聞いてみる。
 
そこでプランの話にもなってくると思います。
間取りや見積もりや設備や仕様など、
深い内容を聞くことによって、
それぞれの住宅会社の色が出てきます。
 
最終的には、どこの住宅会社で建てるのかを決定しなければいけないのですが、
ここで間違ってはいけないのは、
間取りで決めてしまうことです。
 
ハッキリ言って、
間取りはどの住宅会社でも同じもので出来ます。
 
それよりも、
具体的な話を進めていく上で、
見えてくる”その会社の姿勢です”
それこそが一番大事なのです。
 
精一杯、お客様の要望を叶えようとしてくれているのか?
家づくりに責任を持っているのか?
 
そういうことよりも、
値段や上辺だけで、とにかく契約を迫るような会社は要注意です。
 
極端な話、契約するのを忘れるくらい、
真剣に耳を傾けて、
あなた自身が気付いていない潜在的な要望までをも引き出してくれるような会社!

そんな会社が一生お付き合いしていくにはふさわしいですよ。
 
家づくりは完成した時が終わりではなく、始まりなのですから。
 
建てた後の面倒は全く見てくれない会社だったら大変ですよ。
 

3.契約

 
そして、家の設計、金額に満足いったら、いよいよ契約です。
 
契約書にサインをし、契約金の支払いがあることでしょう。
 
契約をする前に、支払い方法の説明があると思いますが、
着工もしていないのに、全額払えとか、8割は払ってくださいなど、
現場の進捗にあわない支払いは危険です。
 
もし、建築途中で住宅会社が倒産したりしたら、
お金は戻ってきません。
 
なので、
現場の進捗に合わせた支払い方法であるべきなのです。
 
そして契約と前後して行うことに、
資金の借り入れがあります。
 
現金で全てを支払う方はマレで、
ほとんどの方が銀行から住宅資金を借りられると思います。
 
続きはまた次回お話ししたいと思います。