幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

家づくりの流れ 失敗しないためにも把握しておきましょう PART3

上棟式が終われば、
家づくりはいよいよ形になってきます。
 
屋根には瓦が乗り始め、
室内には、各部屋の壁が入り、床が張られ、
窓枠にサッツもハマってきます。
 
そうなると
段々と部屋の中の雰囲気が分かるようになってきます。
 
キッチンやユニットバス、洗面台などの住宅設備の中で、
一番初めに設置されるのがユニットバスです。
 
ユニットバスが入らないと、
浴室の壁が造作できないからです。
 
住宅設備の確認などあるかと思いますが、
ユニットバスは早くしないと変更が聞かなくなるので、
注意が必要です。
 
住宅設備や内部の棚などの造作もの、
そして外壁の色、照明やカーテンなどいろいろな打ち合わせを経て、いよいよお引渡しです。

家の登記

お引渡しと前後して、
家の登記と銀行への最終手続きが必要になります。
 
登記に関しては、銀行から借り入れをされる場合には、
抵当権が設定されますが、
 
その辺は家屋調査士と行政書士の方で手続きしてくれますので、
言われたことに従っていれば大丈夫です。
 
銀行へはご自身でいかれてください。

お引渡し

そしてお引渡し!
 
家族が一番ワクワクする瞬間です。
 
夢にまで見た我が家が、今日から自分のものになるのです。
 
おかしなもので、
お引渡しの当日は、家に上がるときは、
住宅会社の人が、”どうぞ”と言って、家にあがりますが、
 
次の日から、その逆になります。
 
当たり前のことなのですが、
考えるとなんとなくおかしくて、お客様と笑ったこともあります。
 
 
ここから先は、お客様ご家族の生活なので、立ち会ったことはありませんが、

引っ越し荷物のかたずけで疲れないように!

一つ気になる注意点としては、
今までの家の荷物を新しい家に運んできているので、
新居は荷物の山です!
 
なかなか片付けも終わらず、
奥さんは四苦八苦、
 
そんな時に、ご主人が散らかった部屋に文句を言ったり、
奥さんをイライラさせたりするようなことを言えば、
たちまち一色触発・・・。
 
奥さん自身も早く片付けたいと思っているので、
ご主人は少し普段より優しく接してあげるくらいが、ちょうどいいかも・・・^^
 
奥さんは、早く片付けなきゃ!
とあまり自分を追い込むと、

折角の夢の新居でのスタートが、凄く苦しいものになってしまいますので、
焦らずおおらかな気持ちでいるのが一番だと思います。
 
とにかく楽しむことが一番です!
 
家族で和気あいあい、楽しく暮らすことを夢見て、
家を建てたはずですから!!