幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

家づくりに失敗しない方法~収納編

間取りの打ち合わせの時に、
お客様が気にされる一番手が収納です。
 
皆さん生活していく上で、すっきりと住みたいけど、
どうしても家が片付かないという不満をお持ちなのでしょう^^
 
なので、新しい家に引っ越したら
綺麗に片付いた部屋で暮らしたい・・・という思いが強いのだと思います。

収納は適材適所に

ですが、収納というのは、ただスペースを確保すればいいというものではありません。
 
ただスペースを確保したいと、
4.5帖とか6帖とかの部屋を収納スペースとして確保しも、
 
上部空間が無駄になったり、
 
部屋の真ん中に荷物を置いとく訳にいかず、
ほぼ壁際のみに荷物を置くことになるので、
 
通路が広くなるだけで、収納量はあまり増えないという結果に!

適材適所に収納を確保しないと、結局部屋の中は片付かない!
 
人間は面倒くさがりなので、
わざわざ使ったものを遠く離れたところまで毎回返しには行かない。
 
そもそも取りに行くのも面倒なので、
使う場所の近くに置いておくことになるのは必然。
 
どれだけ家の中に収納スペースを確保しようと、
使用する場所に収納がなければ、
すぐに片付かない部屋になってしまうのだ。

タンスや食器棚、机やソファーなど、
持ち込む家具の寸法をしっかり把握し、図面上に反映させよう。
 
事前に持ち込む家具の幅や高さなどを計測して、
どこに配置するかまで考えておかないと、
 
いざ引っ越してから、
 
タンスが入らないとか、
 
食器棚で窓を塞いでしまうとか、
 
ソファーを置いたら通り道がない・・・など、
 
思わぬ事態を招くことがあります。
 
 
すっきりと暮らしたいのなら、

収納の内部の作りや場所、モノを出して使って、どうしまうのか?
 
その一連の動きをシュミレーションしてみることが大事です。
 
 
玄関には何を置くのか、
 
靴は何足くらいあってどんな靴があるのか?
 
お客様が来られた時はどうしたいか?
 
コートや傘などは・・・。
 
食品庫は玄関から直接入れたら便利かなあ・・。
 
トイレの収納はトイレットペーパーの買い置きと他に置いとく物はないか?
 
収納の棚の奥行きは広すぎないか?
広すぎても奥に置いたものは取り出しにくいので使い勝手が悪いです。
 
屋根裏や階段下も収納として使えないか?
 
洗面所と直通でウォークインクローゼットがあれば便利か?
 
など
生活シーンを思い浮かべて、それを間取りに反映させていく!

そうすることで、世界に一つのあなただけの家が完成するのです。