幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

家のイニシャルコストとランニングコストを考える!

何か物を購入する時、

目が行きがちなものは、金額ですよね。

 

安さに目が行くのは当然ですが、

 

これは長持ちするから、

少し値段は高いけど、こっちを買おう!

 

という場合もありますよね。

 

住宅もそれと全く同じなんです。

 

いや!!

家の場合はそれ以上かもしれません。

 

それ以上?というのは、

 

長持ちしなかった場合、

それに伴って、出ていく金額が大きいという意味です。

 

何事にもイニシャルコストとランニングコストが存在します!

 

家の場合、

最初に購入する価格がイニシャルコスト。

 

住み始めてから、

必要な電気代やメンテナンスなどにかかる費用がランニングコストです。

 

結論から先に申しますと、

 

本当にその家は安いんですか??

 

ということです。

 

ローコスト住宅ということで、

低価格を売りにした住宅も流行っています。

 

徹底的にムダを排除し、

建築費を安くしよう!

という企業努力は素晴らしいことだと思います。

 

そうではなく、

ただ、安くするために、

材料の質や工法などでムダを削ると、

そのしっぺ返しは、数十年後にやってくるということです。

 

ただ、安いだけで家を決めても、

最終的には、高かった!ということになりかねないんです。

 

例えば、
瓦ひとつとってみても、

 

葺き替えをするとなると、

足場を組んだり、職人さんの手間賃などで数十万円になります。

 

例えば1回50万円かかったとすれば、

2回すれば100万円、3回すれば150万円です。

 

あと外壁はどうでしょうか?

再塗装せずに何十年も持つはずがありませんし、

 

ましてや外壁ごと張替なんてことになると大変なことです。

 

 

こういうメンテナンスにかかる費用に比べれば、
ちょっと長持ちする材料にかえることなんて訳ない事なんです。

 

例えば、

コロニアルの屋根材を半永久的に塗り替えなくてよい陶器瓦にするなんて、

20万くらい上乗せすればできることです。

 

しかし、少しでも建築費を安く見せようと思えば、

 

こういう、瓦や、外壁材、塗料、鉄筋、コンクリートなど

数え上げればきりがありませんが、

 

建築基準法に違反しない範囲で、

コストを削減していくほかありません。

 

そうすると、

後から、メンテナンスにお金がかかる家になってしまうのです。

 

メンテナンスだけではなく、

 

家の断熱性能が悪いため、

エアコンなどの光熱費もかかったりする場合もあるでしょう。

 

この様に、

家づくりを考える際には、

住み始めてからのことも考え、

 

トータルでいくらかかるのかを意識しなければなりません。

 

捕捉しますと、

住宅ローンの金利もそうですよ。

 

できるだけ、安い金利のところを選ばないと、

物凄く損しますよ。

 

目に見えて分かりやすい金額だけを比較するのではなく、

もっと周辺や将来的なことも考えた。

 

本当の意味で得する家づくりをしましょう!