幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

家づくりにおける建具の種類

現代の家づくりには、建具がたくさん用いられていますね。

 

その建具の種類に、
現代の家づくりの特徴があるんです。

 

その特徴とは、

”ドアが多い”

ということです。

 

実際、引き戸ってどのくらいあるでしょうか?

 

和室には引き戸が多いでしょうが、
その和室でさえ、出入り口はドアという場合もあるでしょう。

 

日本の家づくりは元々、引き戸が中心でした。

 

大河ドラマなどで出てくるのも、引き戸ですよね。

 

そもそも、昔の家は開放的で、

部屋と部屋の間仕切りも少なく、開放的でした。

 

それに、空調設備などないので、

引き戸の開け閉めで空気の入れ替えなど調整します。

 

引き戸の特徴としては、

OPENな空間をつくりやすいことです。

 

開放的で、風の通り抜ける

気持ちのいい空間を作ることに長けています。

 

一方、ドアは開けっ放しにしておくには向きません。

 

ただ、ドアの良い点を挙げると、

個室を作りやすく、施錠や防音性に優れ、
プライバシーの確保には持ってこいでしょう。

 

 

引き戸が増えてきた背景には、
家づくりの変化もあります。

 

引き戸の場合、ドアと違って、

設置する時に、大工さんが敷居と鴨井作らないといけません。

 

敷居と鴨井とは、

ようは上下のレールですね。

 

そして、戸当たりと言う部分も必要になります。

 

昔は真壁工法という、
柱や梁が見えたままの作りが常識でしたので、

こういった造作が楽に行えました。

 

でも、現代では大壁づくりが主流ですので、

引き戸にする場合、

ドアに比べて、ひと手間もふた手間も必要になるのです。

 

そんなことから、

最近の家づくりにおいては、

ドア中心の家づくりが行われるようになってきました。

 

 

 ですが、私的には引き戸をお勧めします。

 

家族で暮らす家にそこまでプライバシーを求める必要はないし、

ある程度、人の気配を感じる暮らしの方が、

逆に落ち着くのではないかと思います。

 

それに、引き戸を多用すると、

家の中が開放的になり、広く使うことが出来ますよ。

 

勿論、構造上の壁は必要ですが・・・。

 

個室がたくさん集まった家より、

 

ドアをあけ放てば、

大空間になり、広々した家の方が、

気持ちがいいと思いませんか?

 

風も気持ちよ通り抜けていきますよ。

 

そして、車いすでの移動を考えた場合も

引き戸が良いです。

 

人の動線的にも、引き戸は優れているので、

介護やお年寄りの暮らす家など作る場合には、

ほぼ引き戸以外考えられません。

 

将来に備えて、万が一の為にも、

引き戸の設計がおすすめだと思います。