幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

小池百合子 辻元清美を希望の党の公認に?超リベラルで極左!日本赤軍と黒い噂も・・

前原誠司代表の決断で、
路頭に迷う民進党議員が大勢いる。

 

前原誠司代表は、
民進党党首のままで、
無所属で立候補!

 

元総理の野田佳彦氏も
希望の党から断られ、
無所属で出馬!

 

その他、
菅元総理岡田元代表など、
民進党の重鎮たちは、
ことごとく無所属だろう。

 

菅元総理に至っては、
まちがいなく落選だろう!

 

そんな中、
辻元清美氏も、
現在岐路に立たされている。

 

小池百合子氏は、
民進党の議員を、
全て受け入れる気はないとし、

 

自身の政治理念に全く合致しない、
リベラルな考えの人は、
公認するつもりはない!
としている。

 

それは、至極当然のことで、
小池百合子氏が言っていることが、
正しいですよね。

 

人間ですから、
全ての考えが一致することは
不可能でしょうが、

 

大局がずれていては、
同じ党には置いておけない。

 

それこそ、
民進党の様になってしまう。

 

そう考えると、
この辻元清美氏は、
超コテコテのリベラル
極左

 

元々、社会党
現在の社民党の議員ですから、
当然と言えば当然!

 

安全保障関連法案
の採決の時にも、

強烈に反対していた!

 

憲法9条改正なんて、
勿論反対!

 

小池百合子氏の考えとは、
真逆な考えだ!

 

それでも、
辻元清美氏は、
希望の党
公認申請を出そうか
迷っていると言うのだ!

 

 

おいおい待ってくれよ!!

 

 

あれだけの事をしておいて、
今更、政治理念を曲げるのか?

 

そんなもんだったのか?

 

それか、
有権者を騙して当選して、
その後はサヨナラの魂胆か!!

 

ていうか、
いくら公認申請を出したところで、
希望の党が認めるはずがない!

 

彼女を認めたら、
もう誰でもいい!
ということになる。

 

その辺を分からずに、
よく悩んでいられるなあ・・。

 

時代は、
とうとう保守の時代に入ってきた。

 

やはり保守の政党でこそ、
2大政党制は可能なわけで、

 

左翼思想な、
例えば共産党的な党に、
与党を任せられるはずがない。

 

お花畑思想では、
国は守れないからだ。

 

そういう意味では、
段々と
いい形に変わりつつあるのかもしれない。

 

福山哲郎元官房副長官

「安倍政権を倒すという一点で大同につくことを全員が納得した」

 

玉木雄一郎

「前原代表の身を捨てる決断を評価したい。(自民党との)1対1の構造に持ち込んで政権交代を目指す」

と言っているが、
そもそも希望の党から
公認がもらえるんだろうか?

 

原口一博氏に至っては、
希望の党綱領全文を読んでの感想を、

未来を起点に今、何をすべきか考え行動する。これはリベラルの行動原理。寛容な改革保守と言うが良く読み込んでいくと中道保守、 もしくはリベラル。 

と、自分が希望の党に入ることを
正当化するような
コメントをしていたが、

 

どうなることやら!

 

10月10日が公示日なので、
ポスターなどの印刷を考えると、

 

今週末が限度とのこと、
一体、誰が
希望の党から出馬するんでしょうね!

 

そして、
そんな魂胆見え見えの議員でも、
本当に当選するんでしょうか?

 

小池さんの手腕が試されますね!