幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

小池百合子都知事の任期いつまで?東京10区の補欠選挙を狙っている噂も!

改革保守と宣言し、
保守政党であることを強調したい、
希望の党小池百合子都知事。

 

週明けには、
公認候補の発表をするという。

 

民進党の路頭に迷う、
二枚舌議員たちも、
生活を掛けて、
ドキドキでしょうね。

 

前原誠司代表も、
思わぬ奇策に出ましたね。

 

このまま民進党を継続しても、
左派勢力が引っ掻き回すので、
どうしてもまとまらず、
ジリ貧なのは分かってましたもんね。

 

でも、
左派勢力
辞めろと言う訳にもいかない!

 

そこで、
リベラルな議員は公認しない!
と言った、
小池百合子氏に選別してもらい、
左派な議員を
消滅させようと言う魂胆なのでしょう。

 

民進党の議員たちは、
前原代表は、
全員希望の党から
公認をもらえるようなことを
言っていたのに!!

 

小池百合子と
どんな話し合いをしたんだ!!

 

なんて、
慌てふためいた声も
上がっていましたが、

 

恐らく、
前原誠司代表は、
それを最初から
分かっていたんじゃないでしょうか!

 

でなければ、
今回の作戦に出る意味が
あまりないような気がしますもんね。

 

しかし、
希望の党の顔のような感じで、
上から目線の細野豪志氏には、
民進党議員も
ハラワタが煮えくり返る思い
をしているかもですね。

 

でも細野豪志氏も、
安保法案は絶対反対
だったんですけどね。

 

報道でも、

「安保法案を廃案にするしかない」

と、意気込んで発言してましたが・・・

 

希望の党の顔になってからは、

「安保法制白紙撤回を言い続ける人は考え方として厳しいと思う」

と、得意の上から目線で、
二枚舌を使ってましたね。

 

この細野豪志さんも、
完全に勘違いをされているようです。

 

なんか
話題の希望の党
幹部みたいになって、

 

自分が
国民から注目されている
とでも
思っているんじゃないでしょうか!

 

希望の党は、
あくまでも小池百合子党
であって、

 

小池百合子さんがいなければ、
全く人気はない党!

 

細野さん、若狭さんで、
やったって、
何の話題にもならなかったでしょう。

 

ということは、
裏を返せば、

 

小池都知事が国政に出てこないと、
希望の党はすぐに、
人気を失うということ。

 

寄せ集められた議員たちが、
古巣に戻っておしまいでしょう。

 

小池百合子さんも、
そのことは十分
分かっているようで、

 

都知事の
後釜探しもしているよう。

 

どうやら、
東国原英夫さんで、
密約もとれているような感じです。

 

後は、世論の動向を見て、
決断するんでしょうか?

 

 

小池百合子都知事の
任期はいつまで?

 

もし都知事を辞任せずに、
任期を全うした場合、

 

2020年の7月30日が、
任期満了です。

 

東京オリンピックの開催予定が、
7月24日~8月9日、
なので、

 

流石に、
オリンピック期間中の
選挙はないでしょうから、

 

ちょっと変更が
あるかもしれませんが・・。

 

3年後のそこまで待てば、
大手を振って、
国政に帰れますが、

 

そんな状態で、
希望の党が3年もつとは、
とても思えません。

 

仮に、
今回出馬しなかった場合でも、
2年後参議院選挙があります。

 

そこでの出馬もあるか・・
とも思いますが、

 

2年後というのも、
ちょっと長すぎる気が・・。

 

しかも、
小池さんは、
女性初
総理大臣になる野望のために
頑張っている訳ですから、

 

参議院はあまり
考えてはいないのでは・・。

 

憲法上は禁止していませんが、
参議院から総理大臣が出ることは、
まず考えにくいですもんね。

 

となると、
今回出馬しないと、
もう方法がない!

 

と思いますが、

 

あとひとつ、
途中で
国会議員になる
方法があります。

 

それは、補欠選挙です。

 

誰かが、
国会議員を辞職すれば、
必ず補欠選挙が行われます。

 

ということは、
希望の党の誰かが、
意図的に辞職して、
補欠選挙で当選すれば、
自ずと国政に戻れちゃうんです。

 

東京都知事を辞職して
挑む訳ですから、

 

やはり選挙区は
東京がいいですよね!

 

となると、
希望の党の
東京選出の議員が辞職する!

 

というシナリオになります。

 

となると、
東京10区の若狭勝氏が、
その役じゃないのか・・。
と思うところです。

 

まあ、これは最悪のシナリオで、
小池さん自身は、
何とか
今回の選挙に出る
作戦を考えているんだと思います。