幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

音喜多駿都議の離党理由を小山有彦都議,都民ファ側は希望の党から出馬・・捏造!モーニングcross

都民ファーストの会からの
離党の噂があった
音喜多駿都議が、

 

 

今日、9月4日の
モーニングcrossに、
電話出演し、

 

離党の意思が
事実であることを
発言していました。

 

「私自身が応援してきた小池知事の姿勢に疑問を持ってしまったと言うことが大きい」

 

「二足のわらじが必ずしも悪いと言うわけでは無いが、豊洲、五輪、いろいろある中で国政に手をかけることが正しいのか」


都民ファの代表が、コロコロ変わり、
先月、野田数氏(44)から
当選1期目の荒木千陽都議(35)に、
代表が変わるときも、

 

 

小池氏と役員数名で決定し、
党員には、メールで、
事実が送られてきただけ!
という事に関しても、

 

「情報公開で、いつ、どこで誰が何をするか分からない都政を打破するといっていた我々が、同じ穴のムジナになってしまっているというのは感じている」

とコメント!

 

 

とにかく、
小池都知事のやり方に、
不満が爆発したという理由なのだが、

 

 

驚くことに、
都民ファースト側は、
音喜多駿都議と
上田令子都議の
離党理由を、
公の記者会見の席で、

「両氏が離党するのは、希望の党から衆院選挙の公認を取れなかったからではないか」
「今日のタイミング(公認発表)で出たということは、それ以外に考えられない」

と、事実を捻じ曲げた発言をしている。

 

 

その後、
都民ファーストの会の
幹事長代理を務める、
小山有彦都議も、

2人は国政進出の意向を周囲に漏らしていた!
希望の党から出馬できないことが分かったので、(離党という)対応につながったのであれば残念

とコメント!

 

 

完全に、
音喜多駿都議や上田令子都議を悪者にして、
都民ファーストの会のイメージを
守ろうとしている発言!

 

 

これには、
音喜多駿都議も反発!

私に対しては「希望の党」の方から、複数回に渡って、衆院選出馬への強いオファーがありました。
誰から・どこからというのは差し控えますが、これは揺るがぬ事実です。
そして私自身は、以前から国政に興味関心が高いことは明言しておりますし、その話を受けて調査・検討したことも事実です。
しかしながら、ここで自分の信条や理念を曲げ、都政を投げ出して衆院選に出ることはできないという理由から、しかるべき方に出馬はきっぱりとお断りする旨を自分から申し伝えています。
こうした経緯は希望の党、および都民ファーストの会の要職者であれば充分にわかっていらっしゃることだと思いますし、必要であればこうしたやり取りがあった一定の根拠も明示できます。
事実を明白に捻じ曲げた憶測で印象操作をされることは、極めて残念でなりません。
このようなことで争いたくもありませんので、ぜひ一連の発言については撤回・訂正をしていただくことを強く望むものです。

と、印象操作を強く非難している。

 

 

ちなみに、音喜多駿都議は、
東京1区からの出馬
打診されたとのこと。

 

 

小池百合子氏にとっては、
衆院選の大事な時期。

 

 

イメージが一番重要な時期です。

 

 

こういう時期に、
身内から批判の声が上がるのは、
かなりの痛手であり、
致命傷にもなりかねない!

 

 

だからと言って、
すぐに分かるような、
印象操作をしても、
余計にダメージを広げてしまうだけ。

 

 

小池都知事をずっと支持してきた、
都民ファーストの会の
立ち上げメンバーの離党宣言!

 

 

小池百合子氏が、
対応を指示していたとも考えられる。

 

 

その小池知事、
2人の離党の事を聞かれると、

何も聞いてません!

の一言!!

 

 

小池百合子氏にとって、
人は使い捨てなんでしょうか?

 

 

やはり、
自分ファースト
印象がぬぐえません。