幸せな暮らしを手に入れよう

家族がありそこに暮らしがある、様々な出来事の中で喜びを感じる、そんな素敵な人生を・・・。


スポンサーリンク

小泉進次郎 無言演説!松戸駅前で枝野幸男氏の配慮!スピーチ力の凄さの秘密か・・

自民党きっての人気者、
小泉進次郎氏!

 

 

間違いなく、
将来の総理大臣でしょう。

 

 

小泉進次郎さんと言えば、
そのスピーチ力凄さに
定評があります。

 

 

今回の衆院選でも、
自民党の選挙の顔になり、
全国各地を飛び回っているようです。

 

 

そんな中、
10月11日の千葉6区JR松戸駅前の
スピーチで、
前代未聞の演説を行ったそうです。

 

 

その演説とは、
なんと!!!!

 

 

無言!!!

 

 

経緯としては、
立憲民主党枝野幸男代表と、
ちょうど同じ時間、同じ場所で、
街頭演説が被ってしまった。

 

 

小泉進次郎氏が松戸駅に到着した時には、
枝野幸男代表の演説が
始まっていたようです。

 

 

小泉進次郎氏は、
一旦壇上に上がるも、

「枝野さんの話を聞いた方がいい」

演説を中断し、
約10分もの間、
手を振るだけだったそうです。

 

 

自民党関係者によると、
この無言演説の判断は、
完全に小泉進次郎さんの
アドリブだったとのこと。

 

 

天才的な勘が働いて、
演説を中止したんですかね。

 

 

でも、相手の演説に配慮するなんて、
さすがですね。

 

 

何も語らずに、
支持を獲得したような・・。

 

 

枝野さんも、
枝野さんのところに集まっていた
聴衆の方々も、
驚いたんじゃないでしょうか?

 

 

小泉進次郎さんの
空気を読む力を感じますね。

 

 

空気を読む力と言えば、
選挙戦が始まったばかりの頃、

 

 

希望の党の小池百合子代表に、

是非、出馬してください!

と言ったかと思えば、

今回の選挙は責任対無責任の闘い!
小池さんは選挙に出ても出なくても、無責任になるジレンマに陥った!どちらかの無責任を取りましょうよ

と、なんとも現状にマッチした例えをし、
批判しているんだけどジョークに聞こえる、
上手な言い回しをしていましたね。

 

 

選挙戦が始まってからの、
都内での演説では、

小池さんは自民党に、野党時代を忘れてはならないと思い出させてくれた。

 

希望の党をつくってくれたおかげで、『真の希望』とは何か考えるきっかけもくれた。

 

選挙目当てでやっても、有権者は見抜くということも教えてくれた

 

小池さん、ありがとう

 

と、皮肉っているんだけど、
なんかトゲのない言い方!

 

 

やはりスピーチの天才なんでしょうね。

 

 

一方、小池さんの方は

アベノミクスでGDPを1%上げたからといって、大きな顔をするな と申し上げたい。
消費税増税分の使い道を変えるための選挙というが、そんなショボイ話では日本は間に合わない

と、真っ向から批判!

 

 

こういう言い回しは、
圧倒的な風が吹いている時には、
聴衆も乗っかってくるのでしょうが、

 

 

そうでない場合には、
しらけてしまうみたいですね。

 

 

なんだかんだ言って、
人って、特に日本人って、
人の悪口を言う人が嫌いですもんね。

 

 

希望の党の失速も、
この小池さんの言葉からですもんね。

 

 

東京で絶大な人気を誇ったので、
国政でも行ける!
と思ったのでしょうが、

 

 

所詮、東京と言えども、
地方の選挙。

 

 

国政とは違いますよね。

 

 

大きく違うのは、
外交問題が入ってくること。

 

 

この緊迫した状況で、
人材もいない、
ただ小池さんの人気だけで、
投票するような、
そんな国民は少ないでしょう。

 

 

国民はそんなにバカじゃないので。